特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金

観察カメラ

今度は4羽が襲来

2月2日。巣に緊急帰還したのはあさひ(J0480メス)、続いて巣の手前の電柱に1羽がとまり、4羽が上空を乱舞。電柱の1羽はゆうひ(J0044オス)かと思いましたが、ほかの個体に追い払われます。追い出した方がゆうひなのでしょう。
このあとペアは2羽とも巣を離れますが、日没後にあさひだけが戻って、翌日(2月3日)の朝まで巣で滞在しました。

3羽の侵入コウノトリが襲来

ゆうひ(J0044オス)が緊急帰還した巣の周りを、一度に少なくとも3羽の侵入コウノトリが目まぐるしく飛び回り、巣に降りようとする個体も。侵入者を追撃していたあさひ(J0480メス)も巣にもどって、ペアで警戒のクラッタリング
このあと、昼前にもペアが巣に戻って警戒クラッタリングをしていました。
鳴門板東ペアにとっては有難くないことですが、このような刺激が繁殖行動を促進するようです。

ペアが揃って巣材搬入 ゆうひは夜中過ぎまで巣で滞在

1月25日、今シーズン初めて、ペアが一緒に巣材を運び入れました。ただし、この日の巣材搬入はこの1回だけ。
映像では、ゆうひ(J0044オス)が枝をくわえて巣の上を通り過ぎた後、あさひ(J0480メス)を引き連れるように巣にもどり、それぞれ枝を置きます
ゆうひは、日没後に巣にもどって、1羽だけで巣に滞在した後翌日未明に出て行きました。夜でも活動していることが分かります。

巣作りする気に?

1月19日から連続で巣へ戻った鳴門板東ペア。
ここしばらくは巣材搬入はありませんが、今日は古巣の枝を2羽で置き直しをしようとします。そろそろ巣作りする気になるのかも。
このシーン以外ではあまり動きはなかったものの、2羽で巣に2時間余り滞在しました。

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 45

Archive

ページトップへ