特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金

観察カメラ

新しい柱でねぐら

鳴門板東ペアは、今日は朝から夕方まで巣に戻りませんでしたが、19時を過ぎて1羽が新しく立ったコンクリート柱のトップへ。シルエットは、オス親(ゆうひ;J0044)のように見えます。
そして、今夜のねぐらは、このコンリート柱になりました。

電線架け替え後の巣

8月26日に電線の架け替えが行われ、2015年から巣が造られていた電柱は送配電系から完全に切り離され、電柱でなく巣塔になりました。
近くにコンクリート柱が2本増え、電線の位置が変わりましたが、巣に戻るオス親(ゆうひ;J0044)の様子からは、さほど気にしている様子は伺えません
ただ、手前の電線の位置が変わり、完全に巣に重なり見辛くなってしまいました。

新しい柱設置後2日目のペア

8月20日に巣の近くに2本の柱が立って、2日目。
鳴門板東ペアはいつものように巣に戻りしばらく滞在。巣の繕いをしますが、例年どおりこの時期には巣材を補給しないため、巣は痩せ細る一方。台風が来襲すると巣の形をとどめることは難しそうです。
しかし例年、時が来ると来春の繁殖に向けて巣作りを始めるので心配には及びません。

1 2 3 4 5 6 7 8 21

Archive

ページトップへ