特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金

観察カメラ

抱卵姿勢、侵入者、そして交尾

鳴門板東ペアは巣作りを続ける一方で、巣に伏して抱卵姿勢をとる時間が伸びています。
映像では、抱卵姿勢のあさひ(J0480メス)が上空を気にする様子。ゆうひ(J0044オス)が緊急帰還すると同時に別個体が巣の近くを通り過ぎます。
ペアで激しくクラッタリングし侵入者に対して警戒行動をとり、やがて交尾

巣作り期から産卵期には、このパターンが繰り返されます。

雪の日の朝寝

当地では11年ぶりとも言われる大雪に見舞われた朝、鳴門板東ペアは7時を過ぎても巣にいます。しかも伏したまま。先に立ったのは、ゆうひ(J0044オス)で直ぐにあさひ(J0480メス)の背に乗り交尾の体勢をとりますが、うまくいかず諦めます。
この時期は普通は巣に立ったまま巣で夜を明かし、6時台には巣を出て行きます。やはり寒さがこたえたのでしょうか。
こちらは、周囲の雪景色の映像です。

巣作りが本格的に始まったようです

今日は巣材搬入をペア計で32回、交尾は2回でした。
昨夜から今朝にかけてペアで巣でねぐらをとりました。
本格的な巣作り開始と言えそうです。
映像は、ゆうひ(J0044オス)、あさひ(J0480メス)の順で巣に枝を運び入れます。あさひが巣に向かう時はカメラの前すれすれに通り、画面いっぱいに映ります。

巣材をくわえて巣に向かうあさひ(J0480メス)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 45

Archive

ページトップへ