認定NPO法人とくしまコウノトリ基金

観察カメラ

暴風雨の中の親子

未明からの強い雨と風は昼頃にはいっそう強まり、ひなたちはずぶ濡れ。
映像では、北西の風に煽られながらあさひ(J0480)が巣に戻り、ひなたちに給仕します。この後あさひはこの風雨に晒される巣の上で2時間近くとどまっていました。

足環装着

映像は足環装着後にひなを巣に返すところと、その後の親子の様子です。

4羽のひなが留守番

鳴門板東ペアは日に日に大きくなる4羽のひなを養うために、餌を取るのに大忙しで、もう普通に巣を空けます。
映像では、巣に残ったひなたちが、仲良く親鳥の帰りを待ちます。

悪天候の中の親子

時折、雨と風が強まる一日。親鳥は、少々の雨なら4羽のひなを残して巣を離れます。
映像1では、小雨が降る早朝、ゆうひ(J0044オス)が給餌した後、巣を出ていきます。ゆうひが飛び立つ瞬間に、ひな4羽が揃って見えます。
昼間は雨の中でもひなだけで過ごす時間がありましたが、映像2では日が落ちて雨風が強まると、あさひ(J0480メス)がひなを抱きます。

映像1 4羽のひなを残してゆうひが巣を出る
映像2 風雨の中、あさひがひなを抱く

4羽のひなの成長

鳴門板東ペアのひなは4羽で、大2羽、中1羽、小1羽と行った感じで体格差は孵化順と思われます。
ペアにとっては、4羽のひなをここまで育てるのは初めての経験です。
いちばん小さいひなが巣立ちまで育つかどうか、まだ予断を許しませんが、今のところは順調と言えます。
映像の最後にあるように、ひなは糞を上手に巣の外へ出せるようになっています。
また、親鳥が巣を空けることが多くなり、この時は30分余りひなだけで留守番をしました。

4羽めのひな

今年の鳴門板東ペアのひなは4羽いることが分かっていますが、これまで7年間の子育て経験の中で4羽を育て上げたことはありません。
県外にはごく少数ですが4羽を巣立たせたペアもいるので、鳴門板東ペアにも頑張ってほしいですね。
観察カメラのアングルでは、4番めの小さいひながなかなか映りません。
下の2つの映像でも、一瞬だけ4羽が揃いますが、小さなモニターでは見つけるのがとても難しいと思います。

1 2 3 4 5 6 55

Archive

ページトップへ