認定NPO法人とくしまコウノトリ基金

観察カメラ

幼鳥たちは7月10日が最後?

巣の上で幼鳥が確認できたのは、7月10日が最後になるかも知れません。
その後、幼鳥は巣には戻らず、県内でも確認できていません。
巣立ってから1か月半ほどになった幼鳥たちは、親元を離れ、県外へ出て行ったのかも知れません。昨年の幼鳥3羽も巣立ち後1か月半ほどで県外へ出て行きました。
映像は、7月10日早朝、前夜から巣で過ごした月(J0510メス)と碧(あお;J0511オス)が、月、碧の順で巣を飛び立つシーンです。
7月9日の早朝には3羽揃った姿が見られました。

巣の上では最後の姿となるか、月(左)と碧 2023年7月10日早朝
最後?に巣の上で幼鳥3羽が揃った日 2023年7月9日早朝

まだ巣上で夕食をもらっています

巣立ってから40日が過ぎる3羽の幼鳥ですが、まだ巣で寝るだけでなく、巣の上で親鳥から給餌を受けています。
映像では、日没前に、碧(あお;J0511オス)、はる(J0509メス)、月(J0510メス)の順で巣に戻り、少しして親のあさひ(J0480メス)が巣に入って、吐き出し給餌を行い、終わると巣を出ます。

巣の上の親子(右:あさひ)

幼鳥3羽、朝の出発

3羽の幼鳥たちは、まだ巣で寝ています。巣で寝るのは1羽や2羽のことがありますが、昨夜から今朝にかけては3羽揃って巣で寝ました。
映像では、3羽とも目を覚まして動き始めてしばらくすると、碧(青;J0511オス)が、はる(J0509メス)を押し出し、しばらくして、月(J0510メス)が飛び立ち、最後に碧が巣を出ていきます。

早朝、巣を出る前の3羽

ファミリーで侵入者の群れを退ける

他の個体の巣への接近は今でも起きています。
映像では、巣へ接近してきた4羽のコウノトリに反応して、親子4羽が巣に戻って防御します。親鳥2羽は激しくクラッタリングして、最後には巣を飛び立ち追撃に出ます。

飛んでいるのは侵入個体を追撃に出るゆうひ(J0044オス)

巣上で夕食

2週間前に巣立った3羽の幼鳥ですが、夜は巣で寝ています。
映像は、日が暮れてからゆうひ(J0044オス)が巣に戻って、吐き出し給餌をするシーンです。
この6分前には、あさひ(J0480メス)も巣で吐き出し給餌をしたばかりです。
この夕食の後は、幼鳥だけで巣で過ごします。

給餌に戻った親鳥(ゆうひ;J0044オス)と幼鳥たち(頭を下げている3羽)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 55

Archive

ページトップへ