特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金

とくしまコウノトリ基金とは

コウノトリが舞う笑顔輝く未来に

活動の様子

特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金は、コウノトリをはじめとする希少鳥類の保護と、豊かな自然を活かした地域農業や地域経済の活性化を目的としています。また、私たちの活動は、国連が提唱している「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成を目指します。SDGs

● コウノトリの野生復帰

徳島県では、鳴門市を中心にたくさんのコウノトリがやって来るようになり、2017年から3年連続で繁殖に成功しています。この地でのコウノトリの定着と繁殖は、順調に見えますが、繁殖しているのはわずかに1ペアだけです。
また、日本海側には野外繁殖地が増えつつありますが、太平洋側では鳴門だけです。この貴重な繁殖地に第二、第三の繁殖ペアが生まれ、安定した繁殖地、生息地となり、日本で一度は野外絶滅したコウノトリの本格的な野生復帰が実現するよう、取り組みます。

● 地域の農業や経済の活性化

コウノトリの生息、繁殖は、地域の農業に支えられています。長年、環境にやさしい農業に取り組んで来たれんこん畑や稲作水田は豊富な水生生物を育み、それらがコウノトリの餌となっています。農業が衰退すると、コウノトリの野生復帰は不可能になるでしょう。農業・農村をより元気にし、それを取り巻く地域の経済・社会をより活性化させるよう、取り組みます。

主な活動

「特定非営利法人とくしまコウノトリ基金」は、行政、農業団体、大学、野鳥関係団体などで構成する
コウノトリ定着推進連絡協議会」の一員として活動します。

理事長ごあいさつ

2015年春、徳島県鳴門市において、兵庫県で生まれた1組の特別天然記念物コウノトリが繁殖行動を初めて以来、徳島県はコウノトリの野生復帰にとって極めて重要な生息拠点になりつつあります。コウノトリは、れんこん畑や稲作水田に生息する多種多様な水生動物を食べて生活しています。食物連鎖の頂点に立つこの大型鳥類が多数生息し、繁殖していることは、徳島県の農業・農村の自然の豊かさを示してくれています。

この豊かな自然をまもり、コウノトリなど希少鳥類と人間とが共存できる地域づくりを目的に「特定非営利活動法人 とくしまコウノトリ基金」を設立しました。私たちは、これらの目的を達成するために、営巣地の確保、休耕田を活用したビオトープの設置・運営、農業をはじめとする地域産業をより元気にする取組など、様々な活動を行なって参ります。そしてこれらの活動には、たくさんの資金、労力、技術などが必要です。企業、団体、個人など幅広く、かつ多くの皆様に私たちの活動の趣旨をご理解いただき、ご支援、ご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

2019年(令和元年)9月

特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金 理事長 熊谷 幸三

特定非営利活動法人
とくしまコウノトリ基金
理事長 熊谷 幸三

組織概要

2019年9月現在

役 員
理事長熊谷 幸三とくしま産業振興機構理事長、前副知事
副理事長竹村 昇コウノトリ定着推進連絡協議会会長
理 事田村 耕一阿波銀行参事役、元日本銀行徳島事務所長
理 事三宅 武日本野鳥の会徳島県支部長
理 事大村 龍一徳島希少鳥類研究会代表
理 事河口 洋一徳島大学准教授
理 事関 健志日本生態系協会理事(専務)
理 事柴折 史昭徳島希少鳥類研究会事務局長
監 事西堀 尚良四国大学教授
監 事野田 勇人NPO法人れんこん研究会理事長
事務局
河野 功徳島県農業開発公社代表理事
顧 問
江崎 保男兵庫県立コウノトリの郷公園園長

ページトップへ