特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金

観察カメラ

夜の給餌

鳴門板東ペアは、日の出前から、また、夜になっても、活動しています。
映像は、日没20時ころの給餌です

日暮れに巣上で給餌

3羽の幼鳥は、日中は巣から離れて、自分で採餌したり親鳥から給餌してもらったりしています。
まだ夜は巣に戻って眠っていますが、今日は日没の頃に巣の上で親鳥から給餌されていました。

幼鳥が採餌の練習

幼鳥3羽は、まだ両親から給餌を受けていますが、今日は観察カメラのすぐそばで、採餌の練習。
最初の映像の一番上にいるのは母親のあさひ(J0480)、手前の2羽はえがお(J0346メス)とにじ(J0347メス)で、しきりにレンコン畑を歩き回って、たまに何かを飲み込んでいるようです。この時、花(J0348メス)は巣にいます。
次の映像では、幼鳥3羽がいっしょに休んだり食べ物探しをしたり。
最後の映像は、夕方になって3羽とも巣へもどります。巣の横のコンクリート柱で幼鳥たちを見守っていたあさひは、待ちかねたように巣へ入って吐き出し給餌をします。

1 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 46

Archive

ページトップへ