認定NPO法人とくしまコウノトリ基金

観察カメラ

夜の巣はからっぽに

昨夜は幼鳥1羽だけが巣で寝ましたが、今夜はついに巣には誰もいなくなりました。
映像は、日暮れに巣に戻った1羽が巣を飛び立って行きます。おそらく親やきょうだいの所へ行ったのでしょう。この後、巣には誰も戻らなかったようです。
例年、幼鳥は巣立ってからも、ひと月余りの間は巣に戻って寝ますが、その後は巣以外で寝ることが多くなり、やがては巣に戻らなくなります。

めいも巣に戻る

夜に巣に戻る幼鳥は、昨日まで4日連続で2羽のみで、めい(J0279;メス)が戻っていないようです。めいはこのところ単独行動が多く、元気がなく食事ができていないかもと、良く観察されている方々から心配する声もあります。
今日朝6時には、めいは単独でしたが採餌もしていたので、少なくとも今のところは深刻な状況ではなさそうに見えました。
今夜は、めいが最後に巣に戻り、幼鳥3羽が揃いました。
映像では、最初に左の体が小さく見えるのが、めいのようです。やがてオス親からの給餌を受け、量は分かりませんが、めいも夕ご飯にありついたようです
めいは、きょうだいと比べて体がかなり小さく、行動もきょうだいと異なるところがあり、今後も注意して見ていく必要がありそうです。

3羽とも巣に戻りました

昨日の夜は1羽が巣に戻らず、少し心配しましたが、今夜は3羽とも元気に巣に戻って来ました。この後、巣の上で親鳥から夕ご飯をもらっていました。

1羽戻って来ない

今日、3羽の幼鳥は、いつもどおり朝5時前に巣を出て行きました。
夜になって巣に戻っていた2羽が、オス親から餌をもらいました。こんな場合は、残る1羽も急いで巣に戻って餌にありつくのですが、現れません。そして夜遅くなっても1羽は戻ってきませんでした。
巣立ち後1ヶ月近くたちつので、巣で寝なくなっても不思議ではないかも知れません。しかし、最近(7月8日)1羽が用水路に落ちるというアクシデント(自力で脱出)があっただけに、少し心配してしまいます。

1 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 55

Archive

ページトップへ