特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金

観察カメラ

2020年元旦の巣

新年明けましてお目出とうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

大晦日は巣に戻らなかった鳴門板東ペアは、元旦も終日、巣に現れませんでした。
映像は一か月余り本格的な建築を中断している電柱の巣の状態です
1分間ありますが、巣だけで何も出現しませんのでご了承ください。
巣は8割方完成という感じで、例年どおりだとすると、2月頃、産卵前の数日で一挙に仕上げることになるでしょう。


日没後にペアが巣に戻る

最近は巣に寄り付くことが少ない板東ペアですが、日没(17:01)の直後にオスが巣に戻り、約20分後にはメスが戻ってペアでクラッタリングのご挨拶。今夜はこのまま巣で寝るようです。

4日連続、巣で寝る

巣作り行動は継続しているものの、ここ数日は巣材搬入が1日に数回から10回余りとゆっくりペース。しかし4日連続で夕暮れに巣に戻り巣で夜を過ごすようになりました。

1 38 39 40 41 42 43 44 45 46

Archive

ページトップへ