特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金

お知らせ

「はな薬局」さんが「古代蓮茶」の販売を開始

大阪市で薬局を展開する「株式会社Braveはな薬局」さんが、「古代蓮茶」の販売を開始されました。
鳴門市島田島で地域おこしに取り組み、コウノトリの誘致も目指しておられるグループが生産した古代蓮の葉を原料にしたものです。
「株式会社Braveはな薬局」さんは当基金の賛助会員であり、「古代蓮茶」の売り上げの一部から当基金へご寄付頂くことになっています。
「株式会社Braveはな薬局」のホームページはこちら

コウノトリの酒「朝と夕」完成を徳島県知事と鳴門市長に報告

「ビオトープ米で酒を造るプロジェクト」のお酒「朝と夕」の1月18日の発売を前に、関係者(当基金、本家松浦酒造場、JA徳島北、醸造用米生産者)5名で飯泉嘉門徳島県知事を訪問しました。
県による醸造用米栽培の技術指導などに対してお礼を述べ、知事からは、コウノトリにちなんだレンコン、米、酒の3点セットで売り出せればいいね、とのアドバイスを頂きました。
続いて、このプロジェクトの地元鳴門市の泉みちひこ市長に報告をし、地域の活性化に繋がるプロジェクトだとの評価を頂きました。

コウノトリエコポタリングモニターツアー開催

2020年12月12日(土)にコウノトリエコポタリングモニターツアーを開催いたしました。 とくしまコウノトリ基金では、ブロンプトンと言う自転車を用いた自転車ツアー会社のAWA-REさんと協力して、コウノトリについて学びながら鳴門の魅力を巡るツアーを企画中です。

農産物直売所「えがお」に集合し、れんこん畑の中をコウノトリを探しながら散策。れんこんの加工品を製造する事業者や、大谷焼、酒蔵を訪れました。

まずは自転車の扱い方のレクチャーを受けて出発です。
最初に訪れた花れんこんではれんこん料理提供していただき、食べながら鳴門のれんこんの話や、コウノトリの話、基金の活動などを紹介します。
花れんこんの工房の上かられんこん畑を見渡します。
途中、ところどころ止まって鳴門の魅力を紹介します。ここでは「あく抜き苆(すさ)」の製造風景を見ながら苆(すさ)について紹介。
JA徳島北前のビオトープにとても珍しい「アカガシラサギ(冬羽)」を発見!
アカガシラサギ(冬羽)
梅里窯さんでは、実演付きの大谷焼講座!
松浦酒造さんでは蔵を巡りながら古い歴史とお酒づくりについて紹介していただきました。

コウノトリのはく製とパネルを徳島県庁で展示

昨年事故死したコウノトリJ0252(2019年豊岡市生まれ、オス)のはく製と、生態系ネットワーク推進協議会(国交省)が制作した「コウノトリ 徳島県へ」のパネルを県庁1階県民ホールに展示しました。
はく製は12月25日まで、パネルは12月18日までの展示です。
ぜひご覧ください。

コウノトリの足元は生息環境を表現
コウノトリが徳島県へやってきた理由やドイツのコウノトリ事情などを分かりやすく解説しています。

とくしまマルシェと巣作り体験

11月29日、JA徳島北、松浦酒造場、小さな地域商社スイミーなど連携団体とともに、とくしまマルシェに出展しました。
また、コウノトリの巣作り体験ワークショップも実施し、さわれるコウノトリのはく製も登場。
たくさんの方々に楽しんでもら得ました。少しでも、私たちの取組を理解していただけたら有り難いです。

コウノトリのはく製とパネルの展示(12/1〜)

徳島県庁で、コウノトリのはく製とパネルを展示します。
○はく製 12月1日〜12月25日
県内で事故死した個体の活用策として、環境省の許可を得て制作、公開するものです。
1階県民ホール中央付近の展示ケースに展示します。
○「コウノトリ徳島県へ」パネル 12月1日〜12月18日
絵本のような9枚組のパネルで、コウノトリの生態や、ドイツでの保護と復活などについて、やさしく解説しています。
当基金が協力し、吉野川流域コウノトリ・ツルの舞う生態系ネットワーク推進協議会(国交省)が制作したものです。
1階県民ホール北西壁際に展示します。

1 2 3 4 5 6 11

Category

Archive

ページトップへ