特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金

お知らせ

コウノトリの孵化を推定しました

3月28日午後、鳴門板東ペアが、ひなに餌を与える時に行う吐き出しを行ったことから、卵が孵化したものと推定しました。県の公表資料
吐き出しシーンは観察カメラをご覧ください。

安全運転に心がけてください

コウノトリを観察している方の運転マナーが悪いと、行政に苦情が寄せられています。
通学路も含む農道などで、急停車、急発進、わきみ運転、ノロノロ運転などが目に余るとのことです。
大変危険で、迷惑行為でもあります。十分にご注意願います。

第2回 巣作りワークショップ中止

3月29日のとくしまマルシェが中止になったことにともない、同会場において実施するとお知らせしていた巣作りワークショップも中止いたします。

コウノトリの産卵を推定しました

コウノトリ定着推進連絡協議会は、鳴門板東ペアが2020年2月23日から26日の間に、今シーズン最初の産卵があったものと推定しました。県発表資料
これは、巣の状態を調査するための無人固定カメラ(観察カメラ)の映像を解析し判断したもので、とくしまコウノトリ基金が担当しています。
今日2月27日午前の抱卵交代の様子を観察カメラのページで見ることができます。
下の写真は、抱卵中のオスと巣材を運んで来たメスです。(観察カメラの映像から切り出し)

第2回 巣作りワークショップ

とくしまマルシェにて、3月29日(日)に第2回巣作りワークショップを開催いたします。申し込みが必要ですので次のチラシを見てお申込みください。

十数羽が飛来!

元旦早々、昨年鳴門生まれの3きょうだいを含む十数羽が鳴門へ飛来しました。2020年は20羽ほどでスタートです。
詳しくは、tomomi.okinoのインスタグラムをご覧ください。

1 2 3

Category

Archive

ページトップへ