特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金

お知らせ

鳴門板東ペアの県外にいる子どもたちの近況

鳴門板東ペア(ゆうひ:J0044♂、あさひ:J0280♀)の11羽の子どものうち、県外での消息がわかっている3羽の情報です。
○2018年生まれ
・歌(J0181♀)は、栃木県小山市で子育て中。歌の2羽の子どものうち、ゆう(J0328♀)は7月29日、わたる(J0329♂)は8月1日に巣立っています
・百(J0182♀)は、2018年10月末に本州で消息を絶ったあと情報がありません。
○2019年生まれ
・藍(J0223♀)は8月9日現在、大分県国東市で確認されています。鳴門板東ペアの子どもの中では、九州上陸が確認されたのは藍が初めてです。
・和(J0225♀)は8月10日現在、島根県雲南市で確認されています。
コウノトリは、メスの方が親元から離れる傾向が強いとされており、鳴門板東ペアの子どもたちは、そのとおりの行動を見せています。→参照

生き物調査とビオトープづくり活動の参加者を募集します

この活動は「トヨタ環境活動助成プログラム」の支援を受けています

コウノトリの生息エリアの生き物の調査と、ビオトープの整備・管理などを継続して実施するチーム(名称未定)のメンバーを募集します。
○募集対象は
・当基金の会員と、これから会員になる方
・募集人員:10名程度
・特別な知識や技術は不要(ただしフィールドでの活動が主体です)
・会員以外に大学生も参加予定
○何をするのか
・調査:動物、植物の生息調査
・ビオトープの整備:除草、樹木伐採、魚道作りなど
・ビオトープの管理:畔草刈り、水管理など
・魚増殖の実証実験:産卵床による卵の採集、卵の孵化や稚魚の飼育など→参考
・生き物やビオトープの研修
○活動回数は
・年に数回から十数回の予定(平日実施もあり)
・都合のつく時だけの参加でOK
○その他
・活動に関して賃金等は出ません。
・チームメンバー対象に、生物やビオトープに関しての研修会も実施します。
 第1回目は次のとおり実施予定です。
  日時:2020年8月22日(土) 8:30-12:00
  場所:板東南ふれあいセンター(鳴門市大麻町川崎)
  内容:トンボを中心に水生動物の生態(座学、フィールド)
  詳細は、チームメンバーに後日お知らせします。

○お申し込み、お問い合わせは、
 メール:info@t-stork.jp か 電話:090-2825-6721 でお願いします。


 

Category

Archive

ページトップへ