特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金

お知らせ

水生動物を増やすプロジェクト(1) 産卵床

魚道が設置できないビオトープやレンコン畑、イネの田んぼなどに、コウノトリの餌になる魚や両生類、昆虫を増やすための調査や実証実験を行っています。
今年は5月から、フナなどの魚を増やすために「産卵床」を使った実験を始めました。シュロの皮の繊維で産卵床を作り、用水路に設置。産卵を確認したらビオトープや水田に入れ、孵化させようと言うものです。
今年は、産卵床に魚が産卵してくれるかどうか、卵は孵化するかどうか、孵化した魚は何なのか、などを調べることにしました。
結果、産卵床に産卵を確認し、水槽で孵化させることができ、卵はフナ属のものだと分かりました。
一方、産卵しても孵化しない未受精卵も多いことが分かりました。
得られた卵や稚魚は、ビオトープなどに放流しました。
来年は、産卵床の設置時期を早め、コイなどの別の魚が産卵するかどうかも調べる予定です。
*この活動は「トヨタ環境活動助成プログラム」の支援を受けています*

協力者のお宅で採集させてもらったシュロの皮で「産卵床」を作る
産卵床をよどんだ用水路に設置(しばらくすると沈む)
産卵床を流れのある用水路に設置(沈んでいる)
産卵床に産み付けられた卵。たくさんの稚魚がうまれた
未受精卵は透明感がなく、すぐにカビが生える
水槽で孵化して間もない稚魚
水槽で孵化後約20日目
卵が産み付けられた産卵床をビオトープ水田に入れる。(板東) 白い網は卵をザリガニ等から卵を守るため実験
協力者に水槽で孵化させてもらった稚魚をビオトープに放流(堀江)
協力者に水槽で孵化させてもらった稚魚をビオトープに放流(板東)

ご紹介頂きました(株式会社三木組)

賛助会員である株式会社三木組さんのホームページで、当基金の紹介をして頂きました。
三木組さんでは、数十台もの社用車に「コウノトリ応援しています」ステッカーを貼って頂いています。

休耕田をビオトープに(3)

7月11日、JA徳島北の前のビオトープの畔草刈りを実施。
また、大津の協力者Oさんに産卵床に生んだフナの卵から育ててもらった稚魚260匹余りを放流しました。このビオトープに放流した稚魚は累計で約1500匹になります。
*この活動は、「一般財団法人日亜ふるさと振興財団」の助成を受けています。

畔草刈りの前
畔草刈りのあと(分からん?)
市道の路肩も刈りました
右の畔と市道の路肩の草刈りは、初めて刈り払い機を使ったというコウノトリ基金の手伝いをしてくれている若い女性Nっちゃんによるもの
ビオトープに放流するフナの稚魚
ビオトープへ。どれだけ生き残ってくれるか?

「ビオトープでお酒をつくるプロジェクト」開花編

田植えから88日。ハナエチゼンが出穂、開花の時期を迎えています。
お盆前には稲刈りができそうです。
この田んぼでは畔に除草剤を使っていないので、草刈りをしました。

ハナエチゼンの花
よくそろって開花しています

左手前の稲を植えていない所は、田んぼの水を排水した時に水生動物の受け皿となるシェルターです。

畔と農道の草刈りをしました。稲の高さに黄色い糸が走っているのは、スズメ除け。

OURよしのがわ 2020盛夏号

国土交通省 徳島河川国道事務所の広報誌「OURよしのがわ 2020盛夏号 Vol.37」の1〜5ページにコウノトリ基金や、当基金のメンバーの活動が紹介されていますので、こちらもぜひご覧ください。

「活動レポート ゆりかご」創刊

とくしまコウノトリ基金の活動を開始した2019年秋から2020年6月中旬までの活動状況等をご紹介する「NPO法人とくしまコウノトリ基金活動レポート ゆりかご Vol.1」を創刊し、コウノトリ基金の会員の皆様や関係機関へ配布しました。
PDF化したものをこちらからご覧になれます→ゆりかご
*間違い訂正
3pの表で藍を♂と表示していますが、藍は♀(メス)です。
また、なるの居場所が「不明」となっていますが、印刷発注後に京丹後市や豊岡市で元気な姿が確認されています。
4pの「歌にヒナが誕生」で「6月上旬にひなが誕生」とあるのは、「6月上旬にひなの姿を確認」です。

Category

Archive

ページトップへ