特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金

観察カメラ

親鳥が子どもを追い払う?

親鳥は、ほぼ毎日1回は巣に戻ります。巣の主であることをアピールしているものと思われます。一方、巣立った子たちは、二十日以上巣に戻っていません。
映像では、3羽が巣の近くを飛び、オス親が巣に戻り警戒態勢をとりますが、1羽の若い個体が巣に強引に入り、オス親に追い出されます。
親鳥の警戒も、追い出し攻撃も激しいものでないことから、3羽は今年生まれの3きょうだいだった可能性が高いように思われます。
とても面倒見のよいオス親ですが、子離れは進んでいるようです。

親鳥ペアがまたもマウンティング

今日も巣の近くに侵入個体が来たらしく、親鳥ペアは午前から昼過ぎ、日没後も、たびたび巣に戻りました。
映像は、昼過ぎのマウンティング

トビが巣にとまる

昨日、今日と、コウノトリの親子とも巣に戻りませんでした。
その留守の巣に、トビがやって来て1分あまりとまりました。
これまで、巣にとまった猛禽類は、回数が多い順にオオタカ、ノスリ、ハイタカ、チョウゲンボウ、ミサゴ、他にはタカ類ではありませんが小さな猛禽モズがいましたが、最も身近なタカであるトビは初めてかも知れません。
巣の周りにたくさんいるトビが巣に滅多にとまらないのは、コウノトリの強さを十分に知っているからでしょう。

親鳥ペアがマウンティング

7月22日にも鳴門板東ペアは巣の上でマウンティングを行いましたが、今朝も20秒近い長めのマウンティングを行いました。前回同様、巣の周辺に侵入個体が来た可能性が高いと思われます。
2015年に巣を作ってしばらくの間は、侵入個体に対して猛烈な追い出し、追跡をしていましたが、最近は巣の近くではマウンティング行動によって縄張りを誇示しているようです。

1 2

Archive

ページトップへ