特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金

活動&いきもの情報

トラクターを導入しました

ビオトープの整備・管理に不可欠なトラクターを初導入しました。
一般的なホイール型のトラクターでは沈んでしまう沼地化する田んぼが多いため、後輪がクローラ(キャタピラ)のセミクローラ型(25馬力)で、普通運転免許で公道が走れるサイズにしました。
メーカーから説明を聞き、指導してもらいながら、水を貼っていない安全なビオトープで試運転。ボランティアチームのメンバーのほとんどがトラクター初体験で、おっかなびっくりで耕耘の体験をしました。
冬の間に練習して、夏場の水を張ったビオトープの耕耘作業に備えます。

Category

Archive

ページトップへ