特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金

お知らせ

えがおが、山形県へ到達

兵庫県立コウノトリの郷公園によると、J0346メス(愛称;えがお)が、8月29日に山形県東田川郡庄内町で確認されたそうです。
今年6月10日に巣立った大麻町から直線距離で700km余り。これは、鳴門生まれの子の中では、昨年栃木県小山市で繁殖に成功しその後死亡したJ0181メス(愛称;歌)の500km余りの記録を塗り替え、最も遠くに到達しました。
ちなみに、母親のJ0480メス(愛称;あさひ)は、2013年7月に朝来市でソフトリリースされたあと、12月には鹿児島県肝付郡(朝来市から約550km)と長崎県対馬(朝来市から500km余り)まで行った経験を持っています。

Category

Archive

ページトップへ