特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金

お知らせ

ビオトープ米でお酒を造るプロジェクトが今年も始まりました!

気持ちよく晴れた今日。
今年も引き続きビオトープ米でお酒を造るプロジェクトが始まりました。

今年の1月に完成し、販売したコウノトリのお酒「朝と夕」は
ありがたいことに大好評で、 2年目に突入することができました。
お米の品種を「ハナエチゼン」から「アケボノ」に変更したので、時期が遅い田植えとなりました。

さらに、お酒にするときは精米歩合を70%から80%に変更し、削る部分を減らし、大切に育てたお米を極力無駄にしないことにも挑戦します。

来年はまた違った味わいの日本酒をお届けできると思います。
楽しみにおまちください。

本家松浦酒造場の蔵元 松浦素子さん(左)とコウノトリ基金の理事長 熊谷幸三(右)
気持ちよく晴れた田植えとなりました。

Category

Archive

ページトップへ