特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金

お知らせ

産卵を推定しました

鳴門板東ペアは2月27日、28日と巣に伏す姿勢(抱卵姿勢)が観察時間の50%を超えたことから、27日までに産卵したものと推定しました。
推定根拠となる数値は観察カメラの映像の分析から算出したもので、これらの調査は当基金が担当しています。
徳島県の公表資料

抱卵姿勢のゆうひ(J0044オス)とあさひ(J0480メス)

Category

Archive

ページトップへ