特定非営利活動法人とくしまコウノトリ基金

お知らせ

エコみらいとくしまとの連携イベント 「『コウノトリビオトープ』で生きもの観察!!」を開催しました!!

徳島県の環境学習拠点施設であるエコみらいとくしま(環境首都とくしま創造センター)との共催で、10月1日(土)に「『コウノトリビオトープ』で生きもの観察!!」を開催しました!!

秋晴れのなか、観察会へは親子など12名が参加。

はじめにコウノトリの大きさや食べ物などについてお話をした後に、さっそく、「コウノトリビオトープ」に移動して、生き物の採集を開始。タモ網ですくうと、ザリガニやヤゴ、カエル、ドジョウなどの生き物がたくさんとれました(^^)/

その後、採集した生き物を、その仲間ごとに水槽に入れ分け、捕まえた生き物について解説をしながら観察していただきました。

解説では、トンボの幼虫(ヤゴ)と成虫についてや外来種について、メダカとカダヤシの違い、タナゴと二枚貝の関係などについて説明し、皆さん、興味深く聞かれていました(^^)/

最後にまとめとして、コウノトリの野生復帰の経緯やコウノトリが何故、鳴門にくらしているのかについてお話をして終了しました。

アンケートでは、「コウノトリが鳴門にくらしている理由が分かりました」や「大事な取組みだと思います」といったお声をいただき、皆さん、観察会の内容に満足していただけたようでした!

なお、採集した生き物は観察会後に、子供達がもとにいた場所に戻してくれました(^^)/

今後も引き続き、エコみらいとくしまと連携してイベントを開催していきます!

Category

Archive

ページトップへ